にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 昭和の香りを思い出す石鹸

懐かしさ

昭和の香りを思い出す

近所のドラッグストアに行った時の「発見」だった。

発見と言ってもそんな大げさなものではない。

懐かしい昭和の頃に家庭で使われていた図柄の包装紙に包まれた石鹸を見つけたのだ。
  ↓

思い出せば昭和40年代だった。

日本の戦後復興が経済成長もあって目に見えるようになったころである。

花王石鹸。

どこの家庭にもあった。

その頃を思い出させる石鹸が商品棚に置いてあった。


石鹸が欲しくてドラッグストアに来たわけではなかったのだが、

ためらいもなく買い物かごに入れた。

家に持ち帰り、さっそく風呂場で使った。

いま店頭に並んでいる有名な石鹸に比べると形はゴツく、

手に持った感触もスマートとは言えないが、

不思議と「石鹸ってこんなもの」という感じがする。

近年は身の回りのものが格好良く、スマートで、デザインも派手である。

そうした風潮に反発するかのような花王の復刻版石鹸に、

昭和の香りを感じたのである。

TEIJINのあったかすっぽりケットショート